看護師の強みを生かして好条件の転職をしよう!

転職活動には、看護師の資格を強みに希望条件に沿った勤務先を見つけて好条件の転職をしましょう。看護師がいなくては病状の急変時の素早い対応や精神的な日常のケアは難しくなるでしょう。

お香と言えば

お香と言えば伝統的な物であるという事を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、お香は若い人の間でも広く利用される様になり、おしゃれだというイメージを持つ人もいるようです。

実際に、街のインテリア雑貨店やブランドのお店に行ってもお香が売られているのを目にする事もあります。一方でスーパーマーケットなど身近な所でも売られています。日常的にお香を利用していて、生活の一部になっている人もいる様です。今ではモダンでおしゃれなお香もたくさん売られています。

やはり、お香より、お線香の方がより身近なんでしょうね。そのお線香も原料はスティック型のお香と同じで、伽羅や沈香などの香木です。

お香のコーンタイプは広い空間向きです。

お香には、コーンタイプやスティックタイプ、さらに渦巻きタイプ等様々な形があります。その形によって多少焚き方が違いますが、基本的には受け皿と香立てがあればどこでも香を楽しむ事ができます。あらかじめ香立てがセットされているお香もありますので、後は受け皿を用意すれば、すぐにでも焚く事ができます。

円錐形のコーンタイプは香りが一気に広がりますので、広い空間で短時間に香らせたい時に向いていますし、スティックタイプは均一に香るので、比較的小さな部屋で香らせる事が多いです。どちらも用途によって使い分ける事ができます。

香りも、リフレッシュ系やリラックス系等沢山の種類があります。サンプルが置かれているお店もありますので、香りを確かめて購入すると失敗が少なくなります。

線香とお香の違いはあるのか

線香とお香には、決定的な違いは存在しません。強いて言うなら、香料と煙の量に違いがあります。

線香は仏前に手向けるものであり、煙の量が調節されています。その昔貧しい人々の間で広がった文化で、香料が高価なため中々手に入りにくかったと言われています。近年では人工香料の製造技術が発展したことから、容易に購入できるものになりました。また、香りを抑えたものも多数販売されています。

一方、お香は嗜好品のため、煙の量を調節していないのが特徴です。好きな場所で好きなときに使用することが可能で、仏壇に供えることもできます。

お線香も臭い袋もお香の仲間です

火を使わずに室内で香りを楽しめるのが匂い袋です。タンスに入れたり、ポケットに入れたりして、虫よけの効果もある、香りを楽しむためのものです。間接的に熱を加えるタイプなのが香木です。

香木の中に、練香と印香というものがあります。練香は、各種の香料を粉末状にして壺の中で熟成させた丸薬のようなお香です。現代では主に茶の湯の席で使われています。印香は、配合した香料を梅の花や扇子、紅葉などの形に押し固めたお香です。

長尺線香はお寺などで使われるものです。線香1本が燃え尽きるあいだ座禅を組んでいたり、経分を唱えたりします。時間の長短によって使い分けられます。

お香やお線香のコンテンツ一覧

「看護師の強みを生かして好条件の転職をしよう!」へのお問い合わせはこちらのページから。当サイトでは看護師求人や医師求人でチェックすべきポイントや医師転職で役立てる情報をまとめております。リラクゼーションに使えるお香やお線香についても掲載しております。