看護師の強みを生かして好条件の転職をしよう!

転職活動には、看護師の資格を強みに希望条件に沿った勤務先を見つけて好条件の転職をしましょう。看護師がいなくては病状の急変時の素早い対応や精神的な日常のケアは難しくなるでしょう。

白檀を使用したお香

タンスや引きだしの中って、すぐに虫がついてしまう事もあります。

でも、防虫剤を使用すると、使用する薬品などが化学物質で、換気をしないといけないなど、人間にとっても体にいい物ではない場合が多いでしょう。

そこで、天然の成分で防虫効果を期待する事ができるのがお香の一種として親しまれている白檀です。この白檀というのは非常にいい香りがしますので、防虫剤としてタンスや引きだしの中に潜ませておくといいでしょう。

小さな子供などがいると、化学薬品などはできるだけ使いたくない、と考える親も多いでしょう。しかし、お香としても使用される天然の素材を使用するのであれば、安心して使えそうですね。

お香典やお盆、お彼岸の贈り物・進物の線香

進物贈答線香についてはお香お線香の専門ネット通販で選んでみてはいかがでしょうか。もちろん様々なお香や線香があり、中には珍しい香りの商品もございます。

桐箱入りの進物線香であれば3千円から、塗箱入りの進物線香は4千円からとリーズナブルな価格で販売しております。もちろん熨斗をお付けすることも可能ですので、ご注文時にご依頼ください。

内のしか外のしかも選択可能です。詳しくは「贈り物・のし」のページのご進物・贈答品・ギフトの際の熨斗について等をご覧ください。熨斗や水引等のサービスは無料で行っておりますので、安心してご利用くださいませ。

贈り物にも重宝するお香http://www.kaori-shop.net/線香は薫りショップ。お香やお線香の通販サイト。お香お線香の他に香木や匂い袋なども扱っております。

お香とアロマオイルの使い分け

香りを楽しむものとしてお香とアロマオイルがあります。前者は焚いて楽しむもの、後者は焚いてもよし、オイルとして使っても良しという性質です。つまり香りを嗅ぐことだけを楽しみたいなら前者が、嗅ぐだけでなくオイルとしてマッサージに使ったり、手作り香水を作ったりしたいなら後者がおすすめです。

さらにお香の場合、焚く必要があるので火事が怖いかもしれません。もちろん焚かないで置いておくだけのものもありますが、服などに香りを焚き付けたい場合は焚くことになるので注意が必要です。

お香もアロマオイルもどちらも香りを楽しむものですが、このように目的よって使い分けるといいでしょう。

いわば和風の香水がお香

昔、西洋では入浴習慣がありませんでした。今ではシャワーがありますが、上水道設備が整っていない頃はそのため体臭がひどかったと言います。そこでその嫌な臭いをごまかすために使われたのが香水です。

西洋人はかなり体臭がきついことから、日本人が嗅ぐと香水のにおいをきつく感じるのです。日本でも毎日お風呂に入れない平安貴族は体臭に悩んでいました。そこで使ったのがお香です。

お香を焚き染めることで体臭や服についた臭いをごまかしていました。

平安時代の絵巻物には実際に焚き染めている様子が描かれていることがあります。つまりお香は和風の香水だったのです。